フォト

ブログの写真

最近のトラックバック

大ちゃん

  • 2011_0415_164220dscf0011
    いろんな大が 見られます。もし良かったらクリックして見て下さい

大のお友達

  • Photo
    ここをクリックして アルバムの中の写真をクリックすると お友達の写真が大きくなります。クリックしてみてね。

蒼ちゃん

  • 2012_0308_143723dscf0003
    わんぱく者の蒼のアルバムです

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月27日 (水)

大の寝床

大が退院して1週間。ドタバタの1週間で非常に疲れました。

大の状態は 元気になったり 元気がなかったり・・・。

前とそんなには変わりがないです。

それより ふと思ったのが 大が入院していた時 

病院のケージの中で 思ったよりおとなしかったので

家の大の寝床を考えてやるべきかと思ったのです。 

皆さんはどうしてるのでしょうか?

うちは 大が1歳くらいまでは ケージを部屋の隅にドアを

開けて置いて置きました。

でもだんだん ケージには入らなくなったので かたずけ

てしまい お布団を敷いておくだけになりました。

うちは 宵っ張りで 割と夜遅くまで起きています。

だから 大のケージをまた組み立てて 周りに布を

かけて 夜良く寝れるようにと用意してあげました。

2010_0127_134502dscf0008_2 

こんなかんじです。

ところが やっぱり病院では仕方なしだったんですね。

もともと大は 好きな時に好きなところで寝るのが好きで

まぁ 病気になる前は 散歩と食事以外はほとんど

寝ていましたからね。

自分の布団でも寝るし 私たちの布団の中にも潜り込んで

きますし・・・。

でも 忘れてました。

最も好きなのは うなぎの寝床の様な細~いところ・・・。

2010_0127_134538dscf0009

ここは 洗面台とマッサージ機の間。

私たちが歯磨きをするのに差し支えない程度のあきしか

ないところ。どうせ 大に取られるから大の布団を 置いて

あげてます。

そうしたら 今度は

2010_0127_134445dscf0007_2

箪笥とケージの間にちょうどいい うなぎの寝床が

できてしまいました。

奥に水飲み場があるし・・・。

朝気がつくと 時々ここに寝てる時があります。

御蔭で 主人が2階の箪笥の上からおろして えっこらさ

運んで組み立ててくれたケージは 出来あがったとき

無理やり入れて 

「どう いいおうちでしょ。大ちゃんのお家だよ。」

なぁ~んて言った時に入っただけ。

お疲れさんとでもいうところでしょうか。

主人が 「ケージかたずけちゃおか」と寂しくつぶやいて

いました。weep

2010年1月23日 (土)

帰ってきました。

大が木曜日に退院して家に帰ってきました。

木曜日の 午後の血糖値も調べたいし 

これからの注意事項等もあるので夕方がいいという事で

家に帰ってきたのは 7時をまわっていました。

玄関の階段を何回も上がり降りするのも何なので 着い

てそのまま 家の周りで お散歩をしようと・・・

でもそんなに歩く気配はないのではと ウロウロ・・・

そうしたら 近場とはいえ 何回もおしっこをして ウンチ

まで しました。さすがと言いたいような 立派な奴をcoldsweats01

2010_0121_215657dscf0002

退院した夜の大です。ちょっとくたびれてしまったようです。

8日間入院してそのうちの 6日位24時間点滴で その間に

血液検査等で足4本は皆毛がそられてました。

それで こんな風にしてみました。flair

2010_0121_215537dscf0001

カワイイ!と思ったのもつかの間 だんだんずり落ちて脱げ

そうになったのでとりあえずやめました。今他の案を

考え中です。think

それから 今日まで 私たちはてんてこ舞いwobbly

インスリンの注射や おしっこを採取して 試験紙で

糖の検査 飲み薬も4回に分けて飲ませなくてはならなく

なっていて 今日やっと少し慣れてきて ブログを書く

余裕が出てきました。

お薬も チーズでくるむのは良くないと言われ 

「口をあけて 薬を入れ 口を握って上を向かせ 喉を

なでてゴックンと言ったら それでもう飲んでます。

ここでは 嫌がらずに大ちゃんいい子で飲んでましたよ」

と言うのは病院だからで 家に帰ったら

甘えが出て 2,3回吐きだしては入れの繰り返し

終わるとどっと疲れます。(大もでしょうね。)

今日のお昼のは 私の勝ち?で大はあきらめて飲んで

くれました。だんだん飲めるかな。

昨日は隣町の大根公園で 久しぶりにお散歩して来ま

した。最初 500mくらいは歩いて おしっこも沢山

ウンチも沢山して その後は カートに乗ってのお散歩

でした。

2010_0122_111333dscf0005 2010_0122_111354dscf0006 

8日間我慢してたので とてもうれしそうでしょ。

あっちこっち 悪いとこが出ては来てますが 大ちゃんは

元気で 食欲もありますよ~。

ただ 糖尿病と腎臓結石のため おやつは禁止です。

食事は決まった量なので 朝夕の食事の中から 少し

だけ 拝借して それを一粒づつ 大のおやつに

しています。

今までの大なら ふざけるな~と プッと吐きだす いや

だべないでしょうけど いくら待ってもおやつが出ないの

で 今のところ我慢して食べてます。

早く数値が安定して 少しだけでも お許しが出ると

よいのですが・・・。

2010年1月19日 (火)

退院はまだだよ

今日は今日はと 毎日面会に通っている私たち。

でも大のGLU(ブドウ糖)の数値は上がったり下がったりで

まだまだ 低くはなりません。

当初 月曜くらいにはと言っていた先生も 下がらないので

残念ですが まだ無理ですねと。

それで 先生も昨日の夕方インスリンを2種類投与したら

昨日の朝500台だった数値が 207に下がって その後

大もご飯をよく食べて 今朝は190台になって 今日の午後も

205にとどまっているとのこと これで 木曜日には退院

出来るでしょうと言われた。わ~いわ~い 大も嬉しいだろう

けど 私たちも すっごく嬉し~いぞい。happy01heart04

ところで ところで今回の入院で 杉山先生のところでは

レントゲンを撮っていなかったので とることになったら 

まるで病気のデパートのように いろいろ悪いところが出て

きました。リンパ種・糖尿病はもちろん

腎臓結石・後ろ足膝関節炎・背骨の変形等など

関節炎や背骨の変形は 人間も同じで 大も

人間なら 60歳くらい そのくらいはあってもびっくりしません。

でも あれほど麻布大で2回に1回はレントゲンを撮ってたのに

腎臓結石はわからなかったのかなぁ~。

まあ 今のところは いたがっていないからいいけど・・・。

私がレントゲンを見ても はっきり分かる石が2つ・・・。

これから ひどくならないといいのだけど。

そんな訳で 糖尿病に結石のための食事を与えて インスリンの

うち方を習って 大が退院してからも私たちは大変な感じです。

まあ 一番大変なのは大ですが

        (でも大変でも帰ってくれるのはうれし~い)happy02

でも リンパ種の治療も並行してやらなくちゃいけないし・・・。

これからの事を考えると どうなるんだろうと思ってしまいます。

それでも救われるのは 今日面会した大が 入院した時の

だるそうで つらそうな大ではなく 看護婦さんが入院部屋の

ドアを開けたら とてもうれしそうににこっとした事

私たちを見て ドアにすりすり体をこすりながら 嬉しそうな顔を

したこと。

ごめんね 今度お迎えに来るからね。と帰ってくるのは

かわいそうだったけど 木曜日には退院出来そうで

は~やくこいこいnotes木曜日かなhappy01

2010年1月16日 (土)

大ちゃんいないと寂しいな

 今、大が入院中です。悪性リンパ腫治療中に糖尿病を併発して、

杉山動物病院に14日夜急遽、入院してしまいました。

それで昨日、今日と 夫婦で大に面会に行った訳ですが、

大の頑張りには頭が下がります。

悪性リンパ腫治療のステロイドによってだと思うのですが、

連日呼吸が荒く、ほとんど安眠が出来ない状態で14日

は当初予定の麻布大学での治療日で、家からの往復が、大渋滞

の為、およそ4時間を車座席後部で我慢し、治療が待ち時間も入

れておよそ5時間、つらい検査をされ、その後、糖尿が確認されて

急遽、杉山動物病院へ入院と病気の大にとって、つらく長い一日と

なってしまいました。急遽入院の為、夜遅くまで大を待っていて下さ

った杉山先生にはとても感謝しています。

 大を急遽入院させて、やっと我が家に帰ってきましたが、大がいな

いと夫婦の会話はないし、静かだし、寂しいし、つまらないし。

ゴンが死んだ時もそうだけど、何で犬の一生はたかだか12,3年

しかないのか。不公平だよなと。

  大は現在、9歳でもうちょっとで10歳、産まれて1か月ちょっとで

親元を無理やり離されペットショップに来て、くる病と慢性下痢

そこで虐待を受けたであろう額の傷、売れ残り、生後7カ月の

見切り品として、我が家に買われてきました。

当初は、私たち夫婦になつかず、終始無表情何事にもわれ関せず、

あいかわらず酷い下痢便の毎日、何でこんな犬をかったのかとつい

前に飼っていたゴンと比べてしまう毎日でした。でも、わたしがごろ寝

すると知らない間にピタッツと寄り添って寝ている大がいました。

 女房が今まで大変な酷い目にあっている犬なのでと、やさしく育

てた甲斐があってやっと、ニコツと笑う大になったのに。

世の中は不公平だ。大が何か悪い事したのか。涙が出る。

一生懸命生きている可愛い大が何故、こんな目にあうのか。

今、一生懸命頑張っている大に何もしてやれないのがつらい。

せめて、お腹いっぱい大好きなカルビを食わせたいな。

と ここまでは大パパの日記です。

今日 先生の話で 月曜日位に退院出来そうです。

これからは 糖尿の治療のため自宅でインスリンをうたなければ

ならないようです。カルビは無理でしょうね。

でも  今日も顔を見に行くとケージの外に出たくてケージの格子を

カリカリ手で引っ掻いていました。帰るときは ク~ンク~ンと泣いて

いました。

きっと家に帰れるだけで 大にとってはとってもうれしいことでしょう。

主人は 「大が帰ったら抱いて寝てやるんだ」といってました。

主人のお腹に寄り添って寝るのが 大好きな大 カルビを食べるのと

同じくらい嬉しい事でしょう。

2010年1月14日 (木)

大が入院

今日は今年初めての 大学病院での診察でした。

じつを言うと この前のブログを書いた夜から

大は 調子が悪く 夜が明けて朝には血便・嘔吐で

市内のホームドクターの杉山先生の診察を受けていました。

皮肉なもので リンパ腫をヤッつける為の抗がん剤の他に

毎日沢山のステロイド剤を飲んでいたのですが

このところの 沢山のお水を飲む事やおしっこ

血便やおう吐も おそらくその副作用と思われる症状の

様です。

今日は またいろいろ検査があって 急にブドウ糖の数値が

異常に上がっていて おしっこを検査すると糖の数値が高く

糖尿病の症状が出ていて それもかなりひどいというのです。

糖尿病とリンパ腫は 真逆の治療法らしく まずは糖尿の

治療をしないとかなりひどい状態だと言われました。

太っては いてもそんなこと言われた事はないし 

先月までの血液検査では 何も言われていないし・・・。

大学病院の先生も 糖尿の治療で毎日ここまで通うのは

大変でしょう。と言う事で ホームドクターと連携で

近所の先生に治療をしてもらうと言う事で 大学病院の

院長先生からも電話をして頂き 私も杉山先生に電話を

して帰りに寄らせてもらいました。

杉山先生はとても信頼のおける先生だからと言っても 

大学病院が悪いという訳じゃなくて・・・。

杉山先生の話では この数値の上昇も ステロイドの副作用

と思われると言う事。片方が良くなれば 片方が悪くと

そうなってしまう事があるらしい。

それで 大が つらくない方法を考えてくださっていて いろいろ

話し合った結果 入院治療をして とにかく糖尿の数値を

下げるようにしようと言う事になりました。

帰りに 大の恨めしそうな目が忘れられず 主人と

ため息をつきながら 帰って来ました。

杉山先生と 大学病院の院長先生は ちょっとだけ

考えが ちがっていて 院長先生は ステロイドを止めたら

また リンパ種が大きくなりだすから やめてはいけない

という見解で 杉山先生は 大の症状があまりにも

ステロイドの副作用で 悪い方に出ていてつらそうで

少しの間 ステロイドを止めて 糖尿の治療をした方が

ベストと考えているみたい。

我が家でも 大が血便(まるで血のおしっこ)が出て

杉山先生に診てもらった日から今日まで2日

主人の考えで ステロイドを飲ませなかったら

その2日 大が今まで眠れなかったのを 一気に

取り戻そうとしているかのように ずーと眠れた

様子を見て もう末期で 少しの延命のために

つらい副作用があるより その方がいいのではと

思うようになっていて 杉山先生にその旨を 伝えて

帰ってきました。

今夜の大は 寂しいでしょうが

検査検査で疲れきっているので きっと寝てくれるのでは

と思いながらも 心配でためいきをついている主人の

横で 何を書きこんでいるのかと思いながらこのブログを

書いています。大が スヤスヤと寝てくれる事を願いながら・・・

2010年1月11日 (月)

大の難関

今年に入って 静かな正月と思いきや 4日の日に

後ろを向いた拍子に 背中の筋をひねって 

「ぎっくり背中?」になって 2,3日背中はシップだらけ

の私でした。ところで我が家の構造は 玄関に行くのに

何段かの階段を上がらなければなりません。

2010_0111_110934dscf0018_2  2010_0111_114727dscf0020

house下から見た感じ      house上から見た感じ

こんなわけで 大がお散歩に行くには個の階段を下り

帰ってきたら また上がらなければなりません。

下りは どうにか降りてましたが 上りで1,2度ずっこけて

上るのが怖くなったのでしょう。

抗がん剤で 体力もなくなって・・・。

それで しばらくは抱っこで上がっていましたが

年が明けてから だいぶ元気を取り戻したし 私が

こんな事で がんばって 上ってもらおうと おやつ片手に

リードで持ち上げるようにして 上がってみると

どうにかトントンと上がってくれました。

「あ~助かった」confidentとほっとして4,5日

このところ 大のお水を飲む量が一段と増え 

夜になるとハアハアが始まり 

もちろん おしっこの量も増え

夜が熟睡できなくて そのせいで 体がだるそう。

それは私たちも一緒なんだけど・・・。

上ってもらおうと リードを上に引っ張ったら

階段を踏み外しずっこけて また体制を整えたら

またずっこけ へっぴり腰で どうもだめ。

仕方がないので 抱っこして上がる羽目に。

それからというもの 階段はまた抱っこに

なってしまいました。大の顔を見ると

「楽ちん楽ちんと ニコニコしてるみたい」

これは 抱っこしてもらいたいがための

へっぴり腰か・・・?

でも 確かに夜中寝てないから ボート

なってるのは確か。今のところは仕方なし。

背中も 良くなったし。肩こりしないよう

疲れたら うでや肩の運動をして 頑張るしか

ないかもね。この階段がうらめしい~bearing

2010_0110_123050dscf0012_2

2010_0110_123101dscf0013_2

これは 昨日私が玄関の植木鉢の草取りをしていた時

玄関前で 終わるのを眺めていた大です。

眠くて仕方がないようです。

一時期 夜12時くらいから朝の7時くらいまで 良く寝てくれた

のですが・・・。

また前のように良く寝るれるといいのですが。

今も 私の横で寝ています。昼と夜が逆転してきているようです。

    

2010年1月 5日 (火)

今年もダイエット無理かなぁ

今年は 私の実家へのお年始は2日~3日と1泊で

私ひとりで いってきました。大が遠出はちょっと無理かと

思い 主人と大はお留守番です。

今住んでいるのは 神奈川県 実家は茨城県と言う事で

結構な時間電車移動です。

ところで 去年の暮主人が忘年会で横浜に行った時

皆さんもご存じでしょうが 「クリスピークリーム」の

ドーナツを お土産に買ってきてくれました。

2,3年前に日本に上陸して 並ばないと買えないと

ニュースにもなったような・・・。

初めての出会いは 韓国旅行の時ロッテデパートの地下に

あって 疲れたので主人と二人お茶するべく コーヒーを頼ん

だらドーナツをサービスしてくれて それがおいしかったことhappy01

それで大ファンになりました。

それまで 私は名前すら知りませんでした。それから

韓国に旅行すると帰りに お土産で購入して 

日本まで買ってきたものです。

それが日本で買えるなんてと思っても 2時間3時間待ち

という話 そんなじゃいらないやと思ってたら

主人が 割とすぐ買えたからと ニコニコ帰ってきました。

やっぱり「おいし~い・うま~い」とペロッと食べてしまいました。

また買いに行こうかなと主人。

そうだ 田舎に行った帰り 新宿で乗り換えるから

新宿にもないかな~と調べたら あるじゃないですか 駅の

すぐそばに。

と言う事で帰りに新宿で途中下車busrun

お正月という事で 1時間ぐらいは並ぶ覚悟で それ以上

だったらやめようと思ってたら もうブームは下火になった

のか 20分ぐらい並んで購入できました。もちろん

並んでいる間 ひとりに1個味見のサービスあり。

(主人が横浜で 買った時はくれなかったとぼやいてました)

2010_0105_093732dscf0006

これがそのドーナツです。

箱の上に乗っけてある何にもついてないというかお砂糖が

かかってるシュガーレイズドが私のお気に入り

主人もそれが好きだけど 左側の チョコのドーナツは

どれもおいしいそうです。ミスドもおいしいけど やっぱり

クリスピークリームかなぁ。

大は 食べない事はないけど ドーナツはあまり好きでは

ないようです。よかった 大だけでも ダイエットがんばらねば。

2010年1月 1日 (金)

新年のご挨拶

Kadomatsu004_illus_thm1_3 皆様新年明けましておめでとうございます。 Kadomatsu004_illus_thm1_4

今年は 良い年である事を祈って 楽しいブログをかけたら

いいなぁと思っています。

今日は 主人の実家に お年始に行きながら 正面に見えた

富士山を撮影してきました。車の中からなので 小さくて

いまいち わかりにくいですが クリックして見てください。

少し大きくなれば わかるかなぁ。

なんたって 一富士二鷹三なすびですもんね。

2010_0101_103600dscf0002_2

正面に 富士山の白い頭が出ています。ちょっと雲がかかって

ますけどね。

撮影者が下手ですみません。

大も 途中の川べりの散歩コースをカートに乗って お散歩

しました。途中までは 歩いたのですが ちょっとくたびれたようです。

まだ無理は禁物なのでね。

2010_0101_110429dscf0004

これも撮影者が へたくそで 笑っていたところを撮ったつもりが

おすまし顔で 元気なく見えてますが とても元気です。

撮影者って もちろん私です。スミマセン 未熟者です。

こんな 私ですが 今年も宜しくお願いします。

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ