« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月19日 (火)

物々交換

最近の話とは言っても 今までも時々そうでしたが

お隣から 時々野菜がたくさん届きます。

お隣のおじさんは 昔お米やら野菜を出荷していた専業農家さんで

70歳のころ酷い胆石で入院してから 農業は自分で食べる分だけ

作るようになったそうです。

出荷してただけあって とても立派なお野菜をいつも我が家に

もってきてくれます。

今75歳くらいかな。奥さんはちょっと具合が悪くて日常の事は

だいたい出来るようですが お漬物を作ったりはちょっと大変なようで

去年までは おじさんが作ってたみたい。

お漬物で晩酌が何よりの楽しみだそうです。


先日我が家で白菜の漬物を漬けたので おじさんに

「今年つけました?」と聞いたら 面倒だから漬けてないとの事。

それではと漬かった時おすそ分けしたらとても喜んでくれました。

そのお礼という訳でもないだろうけど 次の日くらいにネギを沢山

持ってきてくれました。その時

「うちも白菜作ったけど 若いもんは食べないし畑で霜にやられ」と・・・。

「でも 上の方を少しむけば中はつかえるんだけどなぁ~」というので

「じゃ 私が漬けましょうか。そして出来上がった漬物お駄賃で私が少し

もらおうかな」と言ったら そうか~使ってくれるかと4株もってきくれた。

立派な白菜で霜にやられたとはいっても上の方4.5枚めくると

買ってきたのと同じくらいの立派なものです。

それに 大根も 5本持ってきてくれました。

その日お店で買ってきた白菜が3株あって ちょっとした一仕事だった

けど 次の日に漬けて4,5日したらおいしそうに漬けあがりました。

それに 大根も漬物の素でつけて一緒に持っていきました。

Photo_2

Photo_3

こんな感じで 白菜は2株分大根は1本分もっていった。

白菜はジップロックで2袋結構な重さで おじさんは

「こんなに持って来たら 自分の分無くなってしまうだろ」と言ってた。

「大丈夫しっかり半分もらったから」と言ったらニコッとしてじゃ今夜は

これで一杯とよろこんでくれた。

もともと白菜の漬物は自分も大好きなことといつもお土産を持って

遊びに来てくれる 親友が夫婦で大好きなので友達の分も漬ける為に

やってたこと みんな喜んでお隣からは野菜 友達はおみやげと

物々交換が 日常となってます。


ここで ネギはそこそこ持つとして大根が5本はどうしようと

漬物 お味噌汁と頑張ってもたくさんあるので 切り干し大根に

挑戦してみました。

Photo_5

Photo_6

本当は 晴れが4日くらい続く日に作るのがいいらしいし

作ってみてわかったのが 大根が干すとき重なるとだめみたい。

もらった大根 やっぱり少し霜にやられてて あんまりとって置きが

出来ないので 作ってみたら曇りやら雪やらで倍くらい干してみた。

やっぱり晴れの日がいいみたい。

これはちょっと切り方が太すぎで 太い切干が出来たけど

今年はこんなじゃ失敗するってわかったから 来年はもう少し

じょうずにできるよ。って主人 そうだ 来年も大根が届いたら

もっと上手に作ろうと思う私でした。

子の切干は不出来なので私が食べることにしました。

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ